Trip Notes -旅のメモ-

登山・トレッキング・テント泊・縦走・雪山・オリエンテーリング・山道具や海外旅行女性一人旅などに関するブログ

雪彦山日帰り登山。岩場とクサリ場が一杯のレジャーランド♪

      2017/07/28

雪彦山

遠征2日目は、四国のねこさんにお誘いいただいた雪彦山(標高811m)へ行くことになりました。ゆきひこやま...?ではないッ!せっぴこさん、と読みます。

えぇ??せっぴこさん、、、せっぴこ、、、なんだかかわいい名前ですね。1,000mに満たない山ということもあり、関東に住んでいると全く全然これっぽっちも知る機会の無い山ですが、関西方面ではとても有名な山らしく関西の山登り番組にも出ていたことがあるらしいです。

実際に行ってみると岩場とクサリ場が一杯でレジャー感満載♪ただし安全の保証はないですよ!

標高が低いから冬でも積雪は無く、トレイルランシューズで問題ありませんでした。天候もとても良く、前日の暴風&ホワイトアウトの大山登山と比較すると、とてものんびり楽しめる山行となりました。

鳥取の伯耆富士-大山まで遠征してきたよ。最大瞬間風速35.9mの暴風とホワイトアウト登山。

の続きです。

ちなみに、日本三大彦山(ひこさん)の一つ、らしいです。彦山ってなんだろう...。と思い調べてみたところ新潟県の「弥彦山」、福岡県の「英彦山」、兵庫県の「雪彦山」の三彦山は「修験者の山」として知られているそうです。どこも激しい岩場なのでしょうか。。。三大彦山って言われると制覇したくなっちゃいますね!でも、彦山自体が謎です。

行く直前に雪彦山について調べてみたら、岩場やクサリ場で死傷事故が毎年多発しているようです。姫路市作成の事故発生マップまでありました。

姫路市がわざわざ作成するということは...せっぴこさん、、、かわいい名前の割りに激しいところなのでは...タイトルでは「レジャーランド」なんて書いていますが、気をつけないと!

コースについて

ルート 雪彦山登山口(07:18)→(08:59)大天井岳(09:09)→ (10:00)地蔵岳(10:12)→ (10:42)虹ヶ滝→ (11:49)鉾立山(12:29)→ (12:47)雪彦山→ (13:09)大天井岳(13:11)→ (13:45)虹ヶ滝(13:48)→ (14:15)雪彦山登山口
歩行距離 7.01km
所要時間 山行 5時間51分休憩 1時間7分合計 6時間58分
メンバー 5人+1匹
左下から入って右上へ、ぐるっと回って右下に降りました。

参考にしたもの

「山と高原地図 氷ノ山 鉢伏・神鍋」です。GPSデータはiPhone版の「山と高原地図」で取得しています。

登山口までの交通

前日は、鳥取県の大山登山を無事に終えて、食事の後に雪彦山登山口の駐車場へ移動しテント泊しました。駐車場の近くには手洗い場所もトイレットペーパーも完備されているトイレがありますよ。
IMG_1645_R.jpg

2016年2月28日 雪彦山日帰り登山8の字ルート

6時に起床して食事やテントの撤収作業を行います。四国から本日合流するみっちゃんは、6時20分ぐらいに現れたかな。7時過ぎに出発します。今日もアニーは元気♪
雪彦山_アニーちゃん

今日のメンバーは、昨日に引き続き、四国からねこさんとアニー、今日から合流したみっちゃん、関東からテン泊さん、釣り人くん、ぽこの5人+1匹です。昨日はシャリバテでダウンした釣り人くんが今日は元気っ!良かった~。
雪彦山_登山口

登山口にある、超ざっくりした地図。
雪彦山_登山口

登山道に入るといきなり急登です。「」などを見ながらひたすら標高を上げていきます。昨日の暴風に耐えてなった筋肉痛がぁぁぁぁっ。痛いっ。

不動岩(07:31)

雪彦山_不動岩

登りながらみっちゃんが話してくれました「雪彦山の山バッチはお店に売ってなくて、日曜日に、おじさんが大天井岳の山頂に売りに来るんですよ~」。テン泊さんがそれに激しく反応します「歩いて売りに来るなんて初めて聞いた。それは買いたい!」

展望岩(07:46)

展望岩は名前の通り眺望が良いのです。
雪彦山_展望岩

たぶん、あれがこれから目指す一つ目のピーク、大天井岳!(あれ、北アルプスにも同じ漢字の山が...)
雪彦山_展望岩

行者堂跡(07:52)

ここは少し平らになっていたので、行者堂が本当にあったんだろうと思わせる場所でした。
雪彦山_行者堂跡

更に登って行きます。
雪彦山_登山道

なんだか、呪われそうな「ガンバレ」(応援してくれてるのにごめんなさい)
雪彦山_ガンバレ!

樹海のネタ画像を思い出してしまったんです!樹海の祝ってやる

・・・話を雪彦山に戻します。

出雲岩(08:18)

まだまだ岩場が出てきます。
雪彦山_出雲岩

ここはクライミングポイントのようで、ボルトや終了点がたくさんありました。
雪彦山_出雲岩

このような岩場やクサリ場もありますが、アニーちゃんは頭から突っ込んでいきます。すごい運動神経で、誰よりも速いっ。みんなクサリにわくわくっ。
雪彦山_出雲岩

セリ岩(08:32)

雪彦山_セリ岩

岩と岩の狭いところを通り抜けます。巻き道もありますよ。
雪彦山_セリ岩

セリ岩近くの崖っぷちで、ねこさんが絶妙なポーズ。怖いって~!!!その様子をしれっと眺めるアニーちゃん...。
雪彦山_セリ岩

テン泊さんは、崖っぷちのさらに先まで降りて行きました。。。怖い。けど、こうして見ると、普通の登山道みたいに見える。
雪彦山_セリ岩

馬の背(08:52)

いろんな山にある「馬の背」。雪彦山にもありますよ。
雪彦山_馬の背

登らなくてもいいのですが、(北アルプス縦走に向けた?)岩の練習ということでわざわざ馬の背を登ってみます。
雪彦山_馬の背

大天井岳(08:59)

雪彦山の1つ目のピーク、大天井岳に到着しました。みっちゃんが話していた「バッヂのおじさん」は、、、いませんでした。おそらく私たちの到着が早すぎたのだと思われます。雪彦山_大天井岳

大天井岳からの眺望。少しガスっていますが、こんな雰囲気もいいですね。
雪彦山_大天井岳からの眺望

釣り人くんのパンを見つめまくるアニーちゃん。パンの端っこもらっていました。
雪彦山_大天井岳

大天井岳の次は、2つ目のピーク・地蔵岳に向かいます。
雪彦山登山道

「この岩場は大変すべりやすいため、滑落事故多発しています。登山についてはくれぐれも注意をしてください」と注意書きが。クサリ場目的で雪彦山に来たので、もちろん上級コースを行きますっ。
雪彦山登山道

アニーにリードを引っ張られて「わぁぁ、アニー引っ張るなー」と慌てるねこさん。こんなクサリ場で引っ張られたら(汗)
雪彦山_クサリ場

クサリの付いた岩場を慎重に降りて行きます。が、あえてクサリを使わないで降りるテン泊さん。しかし、後に「時間がかかるから」と諦めてクサリを使っていました。
雪彦山_クサリ場

みっちゃんもさくさくっと降りていきます。
雪彦山_クサリ場

こういうクサリ場は楽しいのですよ。注意が必要だけど。
雪彦山_クサリ場

クサリ場を降りたところに、地蔵岳の案内「アブナイ!あぶないで!」こ、これは...
雪彦山_あぶないで!

こ、こちらにも...事前に調べていたけど、事故多発地帯のようです。
雪彦山_キケン!

地蔵岳(10:00)

きけん!あぶない!と散々看板に注意されたので、写真を撮る余裕がなく(いや、実際余裕がなかったです)、地蔵岳山頂に到着しました。ちょいちょい日本アルプスと名前がかぶる雪彦山。
雪彦山_地蔵岳

地蔵岳から、先ほどまでいた大天井岳を望む。
雪彦山_地蔵岳から大天井岳

虹ヶ滝(10:42)

地蔵岳を降りて行くと小さい滝に出ました。
雪彦山_虹ヶ滝

素敵な雰囲気の沢を登って行きます。
雪彦山_沢

鉾立山に行きたいのですが、ドロカベコースってなんだろうか、、、ドロカベコースは通らず、峰山方面から鉾立山に向かいます。
雪彦山_登山道

丸太の橋を渡ります。
雪彦山_丸太の橋

杉の樹林帯を黙々と上がって行きます。この辺りが地味にキツかったです。
雪彦山_登山道

ようやく少し開けたところに出ました。山と高原地図にはジャンクションピークって記載があるあたりだと思うのですが、特に案内板などはなし。
雪彦山_ジャンクションピーク

ここがジャンクションピーク。杉の樹林帯を抜けたら、後は鉾立山まですぐっ。
雪彦山_ジャンクションピーク

鉾立山(11:49)

鉾立山に到着~。ここでお昼ご飯にします。
雪彦山_鉾立山

アニーちゃんはねこさんがご飯をくれるのを大人しく待っています。
雪彦山_鉾立山

みっちゃんがすごく美味しそうな・美味しいイチゴ大福くれた!甘酸っぱくて春の味覚~。美味しかったです♪
いちご大福

いつものように(?)テン泊さんはコーヒーを入れてくれました♪
テン泊さんのコーヒー

丸山珈琲のバレンタインブレンドだって。
丸山珈琲のバレンタインブレンド

お昼休憩を終えて、鉾立山から大天井岳に一気に戻ります。40分程で大天井岳に到着!!しかし、バッヂおじさんの姿はなく、、、登山者の男性に話を聞くと「5分ぐらい前に地蔵岳方面に降りて行ったよ」とのこと。なんと、、、「大天井岳でバッヂおじさんに会えたら、地蔵岳には寄らずに登山口に戻ろうね~」って話をしていたのですが、こうなったらバッヂおじさんを追うしかありません。

再び、午前中に歩いたばかりの激しいクサリ場を降りたり、巻いたりしてバッヂおじさんを追います。
雪彦山_クサリ場

そしてっ!!!地蔵岳が見える展望台で会えた!!!バッチおじさん!
雪彦山_バッヂおじさん

バッジおじさんは「バッジ売ります」プレートをザックに付けているのですぐに分かります。

元は山岳会で登山道の整備をされている方だそうです。麓の売店が店を閉めたのをきっかけに、バッジを売り歩くことになったとのこと。日曜日しか基本会えないみたいです。会えて良かった~。
雪彦山_バッヂおじさん

無事にバッジを入手し、駐車場に向けて下山します。朝は全然人がいなかったのですが、場所によっては渋滞していました。
雪彦山_渋滞

大曲

クサリ場などのキケン箇所が終わり、男性3名+犬1匹は「ここからは消化試合じゃ~」と行って、走って下山していった~。
雪彦山_大曲

雪彦山砂防ダム

みっちゃんとのんびり下山中~。
雪彦山砂防ダム

あんなところに蜂の巣が!
雪彦山砂防ダムの蜂の巣

無事に下山しました。走って降りた人たちとの差は5分ぐらいだって。ホントかな?
雪彦山登山口

下山後の温泉

登山口から車で5分ほどのところいなる雪彦温泉(大人800円)へ。一軒家みたいなステキな温泉施設です。
IMG_1848_R

温泉後は大山牧場のアイスクリームを。いやぁ、それにしても、昨日の暴風大山と比べると、今日の雪彦山は安心・安全(でもない)の春山登山でした。こういう登山久しぶりだった。
IMG_1849_R

温泉で四国組とお別れです(涙)登山が終わって服を脱いだアニーちゃん。服を着ているのがデフォルトだから、裸に見えるよ...。さらにねこさんがアニーちゃんを抱えるとすごい巨大トイプーに見えます(笑)
IMG_1850_R

さらっと姫路城とグルメ

温泉から車で40分程で姫路城へ。猫がたくさんいました。
IMG_1863_R

おぉ、、、姫路城初めて見た!美しい。。。そしてこんなに広い場所なんだーってぐらい広かったです。
IMG_1858_R

さらにグルメも外せない!明石焼きのタコピアへ。
IMG_1870_R

出し汁につけて食べる明石焼きなのですが、持ち帰りでもちゃんと袋に入れた出し汁をくれます。そーっと掛けながらつけながら飲みながら頂きました。明石焼きも美味しいのですが、だし汁がすごく美味しい!そして、これが400円ってのが驚きです。安すぎる~。
IMG_1872_R

こんな感じで無理やりでも観光とグルメを押し込んで帰路に着いたのでした。

まとめ

  • 事前調査通り、雪彦山はクサリ場と岩場一杯でとても楽しい山でした。でも、本当に事故が多いようなので行かれる場合は気をつけてください。
  • 日本三大彦山、なんてものがあるなら他の三大○○もいくらでも考えられますね♪帰りの車の中ではみんなで「日本三大キラキラネームな山」「日本三大カッコイイ名前の山」などを考えながら帰りました。
  • 三彦山制覇したい。残る2つは新潟県の「弥彦山」、福岡県の「英彦山」か、、、どちらも遠い、、、
  • 明石焼き、美味しい。また食べたい~。

楽天モーションウィジェット(もしも)

気に入ったら

このサイトが気に入ったら、Facebook「いいね」をお願いします♪更新情報が届きます。

Facebookページプラグイン(https://developers.facebook.com/docs/plugins/page-plugin?locale=ja_JP)

関連記事

こちらも読んでいってね

1
お得すぎるふるさと納税~アウトドア好きにおすすめはモンベルポイントバウチャー

ちまたで話題のふるさと納税。ふるさと納税のお礼の品を見てみると、「実質2000円 ...

2
山の雑誌をお得に読むなら「楽天マガジン」がオススメ♪Kindle Unlimitedより良い感じ。

月額380円(税抜)で約200雑誌が読み放題「楽天マガジン」というサービスがあり ...

3
OMM・UL(ウルトラライト)ハイキング・ファストパッキング・スピードハイクの書籍をまとめてみた【随時更新】

目次1 ファストパッキング 2016 何を削れるか?2 RUN+TRAIL (ラ ...

 - 中国 , , ,