Trip Notes -旅のメモ-

登山・トレッキング・テント泊・縦走・雪山・オリエンテーリング・山道具や海外旅行女性一人旅などに関するブログ

金時山から箱根外輪山縦走。紅葉はぎりぎり綺麗だったよーっ

      2016/05/09

141123105451_R.jpg
ふとしたきっかけで、山ガール・山ボーイ達と休日の箱根・金時山に行ってきました。てゆうか、4日前に石川弘樹さんのトレランイベントで行ってきたばかりなんですが、箱根に。。。

トレイルランナー石川弘樹さんのイベントに参加してきたよー!@アートスポーツ

いやいや、あの時は景色を楽しむ余裕がなかったので、ちゃんと秋の箱根を堪能したかったのです。

コースについて

ルート 乙女峠バス停(09:29)→(09:56)乙女峠(09:58)→(10:17)長尾山(10:19)→(10:55)金時山(11:09)→(12:07)矢倉沢峠→(12:46)苅川峠(狩川峠)→(13:55)明神ヶ岳(13:56)→(14:32)鞍部(14:33)→(15:01)明星ヶ岳(15:03)→(15:46)明星ヶ岳登山口(15:47)→(16:09)塔ノ峰(16:11)→(17:12)箱根湯本駅
歩行距離 19.4km(最長~♪)
所要時間 山行 6時間23分
休憩 1時間10分
合計 7時間33分
すれ違った人 100人ぐらい

参考にしたもの

「山と高原地図 箱根 金時山・駒ケ岳」の紙地図とアプリを参考に。GPSデータはiPhone版の「山と高原地図」で取得しています。

by カエレバ

 

新宿から箱根への移動は高速バス。

新宿駅発、箱根方面行の高速バス。休日だからそれなりに混んでいるだろうなぁ、、と思ってはいましたが、さすが紅葉シーズンの休日、乗り場はすでにハイキングや観光の人でいっぱいでした(汗)ところで、このバスとっても良いんです。何が良いって、新宿から箱根の登山口まで高速バスで行けちゃうんです。バスでゆったりできるしトイレ付だしいいじゃなーい♪と思いますが、満席で補助席まで使用されている状態。万が一トイレに行きたいと思っても簡単にはいけないような状態です。

リーダーが事前予約してくださったおかげで助かりました!ありがとうございます~。
新宿から金時山のバス

乙女峠から金時山へ

新宿駅6:30発、登山道がある乙女峠着は8:24の予定でしたが、実際に到着したのは9:10分!!さすが繁忙期です。道が渋滞しておりました。。無事に到着して良かった♪
乙女峠バス停

乙女峠バス停で降りると、目の前がふじみ茶屋です。9時オープンらしいので、バスが遅れたおかげでトイレを使わせていただくことができました。時間通りに到着してたら開いてなかった...ちなみに茶屋内はバックパック持ち込み禁止で、外にバックパック置き場がありました。
ふじみ茶屋

ふじみ茶屋からの富士山は絶景です。たぶん、絶景のために木を伐採したのでしょう。。。富士山っていちいち感動しちゃう姿ですよね。The世界遺産。やっぱり美しい姿です。The富士山。
ふじみ茶屋からの富士山

早速ですが、ふじみ茶屋でみたらし団子をいただきます。お茶付で150円です。安い~。おいしい~。雑穀入り。あんこ味も食べればよかった~。
141123-091513_R

ふじみ茶屋の脇には金時山関連でブロンズ像の金太郎がありまして、「お尻をなでると良い子に育つ」とのことで、お尻だけテカっておりました...。「金太郎もおおよろこびです」って。
141123-092358_R

団子休憩が終わったら、乙女峠(登山口)に向かいますよ。
141123-092910_R

今日は、山ガール・山ボーイ達と一緒です。心強い♪爽やかな人たちです。
141123-092948_R

登り始めの登山道は石だらけ・岩だらけです。山の階段は苦手です。
141123-094706_R

とりあえず乙女峠に到着しまして、ここから本格的に歩き始めます。乙女峠

乙女峠がすでに標高1,005mです。バス停がすでに標高高かったんだぁ~。
乙女峠道標

登山道を歩き続けると、視界が開けたところがあります。遠くに大涌谷の煙がはっきり見えます。知らなかったら火事みたいです。 大涌谷

しばらく登り続けると見えてくる...。なんですか、、、、、これ。。山肌に大量の人々が張り付いています。
金時山に大量の人

金時山山頂に到着!標高1,212mですって!狭い山頂に大量の人々が!!予想はしていましたが。あ、でも、晴れていたので、富士山の眺めは絶景です!! ちなみに山頂のトイレは100円でそれなりに綺麗でした。あと、茶屋で販売されているおにぎりはセブンイレブンのおにぎりでした。150円
金時山からの富士山

この金時山、登りも下りもなかなか岩場が激しい、「崖」な箇所があったりするので、足元には気を付けましょう。わたしはボルダリング好きなので、崖は好きです。テンション上がります。
金時山登山道

それにしても、お昼に近づくにつれてすごい渋滞です。お互い譲り合って安全に移動したいものですね。
金時山登山道

どんどん山を下っていきます。人が減ってきました。遠くを見ると爽やかな晴天の下の絶景が!!向こうのほうから歩いてきたんだなぁとしみじみ。。。
金時山からうぐいす茶屋 金時山からうぐいす茶屋

尾根を歩いて山を越えて、、、こういう道好きです!
うぐいす茶屋からの景色

うぐいす茶屋に到着。「山と高原地図」では「廃業」となってますが、ちゃんと営業してました。毎日営業しているそうです(茶屋のおかーさんに聞きました)。営業を再開したのか、別の人が始めたのかはです。
うぐいす茶屋

この茶屋。飲み物が特に激安です。なんと!!!飲み物(150円~350円)を頼むと、みそ田楽がついてくるんです!この日はみそ汁も選べました。しかも、なんかいろいろサービスしてもらい、ありがたいやらもうしわけないやら...。みそ汁は高野豆腐が入っていてすっごくおいしかったです。甘目でした。山ボーイと山ガールはカップラーメンを食べていました。山で食べるカップラーメンはさぞおいしかろうと思います♪
うぐいす茶屋のメニュー

うぐいす茶屋近くの立札。秩父でも同じ内容の立札を見ました。「あなたは、山と恋人を愛する人?山と良心を汚す人?空き缶・ゴミ。恋人も捨てないで!!」恋人捨てるって、、、、(汗)
うぐいす茶屋の前の注意書き

うぐいす茶屋にはトイレがあり、50円で利用できます。
うぐいす茶屋のトイレ

この道を下って、うぐいす茶屋にたどり着きましたよ。爽やかな景色ですね~。
うぐいす茶屋への道

ふじみ茶屋から明神ケ岳へ

うぐいす茶屋を出発。次は明神ケ岳を目指します。遠くに見える景色が爽やか...。
うぐいす茶屋から明神ケ岳

うぐいす茶屋から明神ケ岳

ブログ的にあっとゆー間でアレなんですが、明神ヶ岳に到着しました!。芝生でゴロゴロしてる男性二人が微笑ましいです。気持ちよさそうだなぁ~。マネしたかったのですが、芝生が空いていませんでした。さすが休日。ここまで来てもそれなりに混んでいます。
明神ケ岳

明神ケ岳から明星ケ岳へ

明神ヶ岳での休憩もそこそこに、さくっと次の目的地、明星ケ岳へ移動します。途中で見えた小田原の景色。遠くに海も見えて絶景でした。
小田原の景色 明神ケ岳から明星ケ岳

途中で見た紅葉している木。枯れ葉になりかけていたけど、最後の美しい姿です。
紅葉

まだまだ山を越えていきます。遠くに見えるけど、歩いてゆくとあっとゆーまです!
山道

で、明星ケ岳に着いた!!!思わず素通りしてしまいそうなレベルに地味な場所です。展望なし。地味とか言ってごめん。でも、地味。大文字焼き見てみたいなぁ。
明星ケ岳

明星ケ岳から箱根湯本へ

ほんとはね、明星ケ岳から強羅駅へ降りる予定でした。しかし、強羅駅から箱根湯本駅まで電車に乗るのもシャクじゃーん。リーダーの一言「箱根湯本まで行っちゃおー!このメンバーなら大丈夫だ!」
おっけー♪夕方の紅葉

ちなみに、先頭の山ガール、特に下りが超速いです。「♪」が見えます。下りでウッキウッキしてるのが見える。
下りが速い 塔ノ峰まで30分

途中で車道にでます。スピード緩めない車たち。
箱根外輪山縦走車道

車道から再び山道へ。塔ノ峰方面へ行きます。
塔ノ峰への道

塔ノ峰も地味です。展望なし。
塔ノ峰地味

塔ノ峰から林道をぐんぐん下って、紅葉美しいお寺へ。写真では明るく写っていますがだいぶ薄暗いです。
紅葉とお寺 箱根の紅葉

日が暮れたころ、無事に箱根湯本駅に到着したのでした。

まとめ

  • 秋の箱根は絶景が楽しめます。
  • 土日祝日の箱根は激混!交通機関の予約は必須です。
  • 金時山は大人気のため行くまでの道も山道も激混なので、混雑は覚悟して行きましょう。

楽天モーションウィジェット(もしも)

気に入ったら

このサイトが気に入ったら、Facebook「いいね」をお願いします♪更新情報が届きます。

Facebookページプラグイン(https://developers.facebook.com/docs/plugins/page-plugin?locale=ja_JP)

関連記事

こちらも読んでいってね

1
お得すぎるふるさと納税~アウトドア好きにおすすめはモンベルポイントバウチャー

ちまたで話題のふるさと納税。ふるさと納税のお礼の品を見てみると、「実質2000円 ...

2
山の雑誌をお得に読むなら「楽天マガジン」がオススメ♪Kindle Unlimitedより良い感じ。

月額380円(税抜)で約200雑誌が読み放題「楽天マガジン」というサービスがあり ...

3
OMM・UL(ウルトラライト)ハイキング・ファストパッキング・スピードハイクの書籍をまとめてみた【随時更新】

目次1 ファストパッキング 2016 何を削れるか?2 RUN+TRAIL (ラ ...

 - 箱根 , , ,