Trip Notes -旅のメモ-

登山・トレッキング・テント泊・縦走・雪山・オリエンテーリング・山道具や海外旅行女性一人旅などに関するブログ

北アルプス2泊3日(2/3) 室堂から五色ヶ原へ

      2017/09/21

昨日の1日を忘れ物により有効に使えなかった ぽこ(@TripNotes_poco)です。

気を取り直して2日目です。立山室堂山荘を3時半に起床してスタートっ。

コースについて

ルート 立山室堂山荘(04:46)→(06:13)浄土山(06:14)→(06:23)浄土山南峰(06:31)→(07:08)鬼岳東面(08:19)→(09:03)獅子岳(09:04)→(10:07)ザラ峠(10:08)→(10:51)五色ヶ原山荘(11:32)→(11:53)五色ヶ原キャンプ場
歩行距離 1.67km
所要時間 山行 5時間4分
休憩 2時間3分 ←長すぎるのは理由が、、
合計 7時間7分
メンバー 1人

参考にしたもの

「山と高原地図 37. 劔・立山」です。GPSデータはiPhone版の「山と高原地図」で取得しています。

2017年8月10日 室堂から五色ヶ原へ

立山室堂山荘(04:46)

朝食にスープを飲んで立山室堂山荘を出発します。

まだ月が輝いている。

浄土山を経由して五色ヶ原山荘方面に向かいます。

浄土山に向けて地道に標高を上げていきます。朝なので風が冷たくて気持ちいいです。

登山道の両脇はオンダテがたくさん咲いています。

チングルマの群生が一杯。

ミクリガ池が見えます。日中は賑やかな室堂も朝は静かです。人が前後にも全然いないです。

雪渓を横切って先に進みます。

歩いてきた道を振り返ると、5人ぐらいのグループが同じルートを登ってくるのが見えました。

登山道の両脇はお花一杯でたのしい!!!です。

左上からヨツバシオガマ(かな?)、オンダテ、ダイモンジソウ、クルマユリ、ハクサンイチゲ、ウサギギク。

お花を楽しみながら稜線目指して上がっていきます。

稜線に出ると、つ、剱岳が!神々しいっ。

(06:13)浄土山(06:14)

遺跡みたいのがあるよ。と思ったら、軍人霊碑だそうで、この中に浄土山北峰の山頂があるそうです。

山頂に気が付かず華麗にスルーするわたくし。

槍ヶ岳がくっきり!

槍ヶ岳を見ながら、稜線をルンルン進んでいきますと、、

浄土山南峰と富山大学立山研究所に到着しました。

五色ヶ原に向けてどんどん進みましょう~!

(06:23)浄土山南峰(06:31)

浄土山を後にし、龍王岳のトラバース道に入りました。岩がゴロゴロしています。目印に従って慎重に進んでいきます。

進行方向の向こうには槍ヶ岳。今日は、山仲間のりかちゃんが登っているはず。ここからくっきり見えるから、向こうからもこっちを見ているかなー?

五色ヶ原山荘も見えるなぁ。見えるけど、まだまだとても遠いです。

なんて考えながら歩いていると、、、

ぎゃああぁぁーー!!!登山道になにか飛び出してきたっ!!

おや?

うわぁぁぁ♪雷鳥さん(メス)だ。びっくりしたよぉ。登山道の真ん中に居座っておりなかなか先に通してくれません。

しばし向かい合うこと5分が経過...写真撮り放題のサービスタイムに飽きてきました。完全に居座っています。

しょうがないのでじりじりと歩を進め近寄っていくと、トコトコトコッと脇に寄ったのでその隙に先へ進みます。

雷鳥さん、怖いものなさすぎ。ニホンザルに食べられちゃうよ!

ハクサンフウロ

アオノツガザクラ

歩いてきた道を振り返って龍王岳を見たところ。龍王岳の山頂に行くことも出来るようですが、今回はスルーしました。

(07:08)鬼岳東面(08:19)

さて、残雪が多く滑落も発生している鬼岳東面に進みます。

残雪見えてきたー。

残雪ポイントに近づいていきます。

雪の中に突っ込むハシゴ。このハシゴを利用しても大丈夫なのか、ハシゴを降りたその先の雪の上に乗った途端に崩れたりしないか、などと考えてどきどき。

あれっ!

ステップがあると思っていた鬼岳東面のトラバースですが、ただの雪の斜面になってる!とても危険な状態です。

ステップあるってヤマレコで見たのだけど。
「長めの雪渓が2カ所あるがきれいにステップが切ってある。軽アイゼンを使えばより安心。」って。

キックステップで雪面に足を刺してみるけど、とても固くて全然足が入りません・・・。ど、どうしよう。引き返すか、、、(←チェーンスパイク忘れたやつです。)

本気で引き返しを考えていると、遠くから2人歩いてくるのが見えます。あれは、、、スコップを持ってる!五色ヶ原山荘の人?
観察していると、トラバース斜面にステップを掘っています。

おにーさん(大声で)「アイゼン持ってますか~?」
わたし(大声で)「ないですーーー!」(←ホントばかだよ、、)
おにーさん(大声で)「ちょっと待っててくださいーー!」

おぉ、、、ありがたや、、、ありがたや。

ありがたくステップ完成を待つことにしました。

なんと、ここで1時間10分も待機することに!現場にいたときはそんなに時間が経っていたとは気が付かなかったのです。30分か40分ぐらいだと思っていました(ぼーっとするのが得意なタイプです。)

ずーっと後ろを歩いていた大学生の山岳部?も追いついてきて待機。

待っている間、アイゼン無しで無理やり通る人が2人いましたが、安全の為にここは待ちます。

後で知ったのですが、元々あったステップは台風5号で消えてしまったそうです。

この日の前日は男性が1人下まで滑落したそうです(怖)。岩で止まって大きな怪我にはならなかったようですが。

昨日室堂を出発した山仲間のサックスさんが、道中すれ違ったおじさんに「わたし、下まで落ちたので気をつけてくださいね。簡単なアイゼン着けてたのに。」と言われたそうです。

って!落ちたのはあなたですか!

室堂ターミナルの山岳情報ホワイトボードに「8月3日 80代男性 雪渓上滑落 肋骨骨折」って書いてあったし。本当に8月になっても危険ポイントなのです!

はぁ、、ほんと、自分がうかつすぎる。。(とても反省しております。。)

にーさんが近くなってきた。写真で見ると大したことない斜面に見えるかもしれないけど、実際は結構怖いんだからっ!

雪が固くて大変そうです。

そして、、

ステップが完成し、無事に先へ進ませていただくことができました。

大学生達も後に続きますが、女の子がとてもビビッてる。大丈夫かしら。

トラバース道を振り返って見たところ。落ちたら大変な感じが伝わるでしょうか。

無事に夏道にたどり着き、木道歩きです。安心して歩ける、ほんの短い区間の木道です。

次は獅子岳へ向かいます。少し雲が増えてきてるなぁ。

獅子岳に登る途中で黒部湖が見えました。

 

(09:03)獅子岳(09:04)

頂上なのに(獅子岳頂上)って扱いなんだな...。地味目な山頂です。

チングルマの実がいっぱい。

次のポイントはザラ峠。わぁ。すっごい下るのですね。

五色ヶ原山荘が着実に近づいてきています。

ザラ峠までの道のりの途中、ハシゴがあったりします。

ザラ峠の西面はサラサラ、ザラザラ。だからザラ峠なの?

(10:07)ザラ峠(10:08)

ここがザラ峠か~。山と高原地図には「歴史とロマンの峠」って書いてあるけど、、、何のことじゃろ?と、調べてみると佐々成政が厳冬期にここを越えたらしい。マジで?厳冬期に??ホント??<佐々成政と富山

振り返ると、かなーり下ってきたのが分かります。
ここから登りです。標準コースタイム55分で五色ヶ原山荘だ、がんばろー。

黙々と斜面を登っていると、後ろからすごいスピードで人が来て通り過ぎていきました。さっきステップを作ってくれたにーさんですね。さすが山小屋の人、速いっ。

木道が出てきました。もうすぐかな。木道は平和で安心して歩くことができていいなぁ。

木道の脇にはタテヤマリンドウが。小さくてかわいいお花です。

テン場と五色ヶ原山荘の分岐点です。

テン場に先に行くこともできるのだけど、先に進むか五色ヶ原でテン泊するか、まだ悩んでいるのでとりあえずは小屋に行くことにします。

わぁ。急に近くに見えてきたぁ!

(10:51)五色ヶ原山荘(11:32)

着いたっ着いたっ!五色ヶ原山荘です。

本来の予定では、五色ヶ原山荘には10時前に到着して、さらにその先にあるスゴ乗越山荘までいくつもりでしたが、、、鬼岳トラバースで時間食ってしまったし、もういっか。ここで泊まっちゃえ~。五色ヶ原の眺望ステキだし。これから天気が悪化する予報だし。と、自分で自分に言い訳。

今回はソロなので自由なの、いいでしょっ!

五色ヶ原山荘で働いている、ちょっとしたお知り合いに挨拶をし、テント泊の受付とビールを購入します。受付のおにいさんは、先ほど鬼岳のトラバース道でステップを作ってくれていた方でした。

さて、テントを張りに五色ヶ原キャンプ場に向かいますか。

でも、先ほどから行われている木道交換工事と何往復もしているヘリコプターの様子が気になります。

テント張っても大丈夫かな。ヘリの爆風で吹っ飛ばされたりはしないだろうか...。わたしはわたしが心配です。

心配になって、小屋の方に聞いてみると「大丈夫です。ただ、木道がところどころ無いから気をつけて。」とのことでしたのでキャンプ場に向かうことにします。

ほんとに木道がなくて歩きづらいっ。けど、今だけ工事だからしょうがないですね。明日の山の日に間に合うのかなぁ、たくさんの登山者が来そうだけど。

歩いているとヘリが飛んでくるのが見えます。おぉ、わたしは大丈夫なのか?

前で作業してた木道の職人さんが「ヘリ来ましたー!おねーさん、脇に寄って!しゃがんで!帽子押さえて!!」とおっしゃるのでその通りにします。

とても間近で荷を降ろすヘリを見ました。激写。

ヘリが飛び立ったので、再びキャンプ場に向けて、木道の無い道を青い目印に沿って歩き出します。下りで徒歩10分ですって。

(11:53)五色ヶ原キャンプ場

やっとキャンプ場が見えてきました。時間が早いので空いております♪

おっとー!ここだけ下界感。

テントを張り、スマートフォンで天気予報を見ながら、明日以降のルートをどうしようかとうーんうーんと悩む。。

つづく。

北アルプス 五色ヶ原キャンプ場でテント泊してきたよ。お花畑と草原に囲まれたキャンプ場。

楽天モーションウィジェット(もしも)

気に入ったら

このサイトが気に入ったら、Facebook「いいね」をお願いします♪更新情報が届きます。

Facebookページプラグイン(https://developers.facebook.com/docs/plugins/page-plugin?locale=ja_JP)

関連記事

こちらも読んでいってね

1
お得すぎるふるさと納税~アウトドア好きにおすすめはモンベルポイントバウチャー

ちまたで話題のふるさと納税。ふるさと納税のお礼の品を見てみると、「実質2000円 ...

2
山の雑誌をお得に読むなら「楽天マガジン」がオススメ♪Kindle Unlimitedより良い感じ。

月額380円(税抜)で約200雑誌が読み放題「楽天マガジン」というサービスがあり ...

3
OMM・UL(ウルトラライト)ハイキング・ファストパッキング・スピードハイクの書籍をまとめてみた【随時更新】

目次1 ファストパッキング 2016 何を削れるか?2 RUN+TRAIL (ラ ...

 - 北アルプス , , , ,