Trip Notes -旅のメモ-

登山・トレッキング・テント泊・縦走・雪山・オリエンテーリング・山道具や海外旅行女性一人旅などに関するブログ

金峰山→瑞牆山縦走。初めての山小屋一泊二日登山(2/2)

      2017/07/28

金峰山&瑞牆山縦走2日目です。1日目はこちら↓

金峰山&瑞牆山縦走。初めての山小屋一泊二日登山(1/2)

山小屋の様子はこちら↓

金峰山小屋に宿泊してみたよ。宿泊体験記。

コースについて

ルート 2日目
金峰山小屋(05:57)→(06:14)金峰山小屋分岐(06:15)→(06:22)千代の吹上→(06:31)砂払の頭(06:32)→(07:33)大日小屋→(07:44)鷹見岩分岐→(08:10)富士見平小屋(08:59)→(09:13)瑞牆山・八丁平分岐(09:15)→(09:21)桃太郎岩(09:23)→(10:12)大ヤスリ岩(10:20)→(10:23)瑞牆山(11:16)→(11:21)大ヤスリ岩(11:23)→(11:56)桃太郎岩(11:57)→(12:05)瑞牆山・八丁平分岐→(12:19)富士見平小屋(12:20)→(12:46)みずがき山荘
歩行距離 11.54km
所要時間 山行 4時間49分(コースタイムの0.7)
休憩 2時間0分
合計 6時間49分

 

2015年7月12日 金峰山小屋から富士見平小屋へ

金峰山小屋出発(05:57)

初めての山小屋泊の夜、不慣れなこともあり全く眠れなかったです。30回ぐらい目が覚めて寝不足状態です。が、まぁ大丈夫。今日も元気に行きましょ~。実は3時半には起きて金峰山山頂に向かい、04:30の朝日を見れたら見ようと思っていたのですが、寝不足でダラダラしてしまい、結局小屋を出たのは6時でした(笑)なんということ...もう、すっかり朝ですよ。今日はあの稜線を歩きます。
金峰山

シャクナゲの花が少しだけ咲いていました。終わりかけかなー。
シャクナゲ

スカスカの鉄の橋。これは怖い人は怖いかもしれませんね。
鉄の橋

歩いていると、同じ金峰山小屋に宿泊していたおじさまに会う。
おじさま 「今日はどちらまで行かれるんですか?」
ぽこ   「瑞牆山に行って、バスで帰ります」
行き先は同じだったので、なんとなく途中までご一緒することに。おじさまは12歳年下の方と12歳年上の方と3人で来たんだけど、そのお二人は昨日の瑞牆山荘→金峰山の道のりでバテてしまったらしく、今日は瑞牆山には行かないそうでおじさま一人で行くことにしたんですって。12歳年下の方は初登山らしい!初めてでこんな綺麗なところを歩けるなんてうらやましいなぁ~。ホント綺麗な稜線です。
金峰山の稜線

前を歩くおじさま(が、小さく写っています。)惚れ惚れする稜線歩きが続きます。左には富士山も見えるし。最高の景色です。
金峰山の稜線

砂払ノ頭(06:31)

岩だらけの稜線です。
砂払ノ頭

大日岩(07:15)

砂払ノ頭から先は樹林帯。30人程の大集団が前からやってきたので先頭の方に声をかけると、千葉県の高校の山岳部の先生でした。未来の山ガール&山ボーイですね。

さらに進むと、同じ小屋に泊まっていていろいろお話させていただいたK夫妻に会う。お二人は3時半頃(のはず...)に小屋を出発して金峰山山頂で朝日を見たとのこと。6時にだらだら小屋を出たぽことは大違いですなぁ、、、とか考えながら歩いていると大日岩に到着。ここでおじさまと別れます。
大日岩

大きな岩があります。これが大日岩。おっ!大日岩のてっぺんに登っている方がバンザイをしています~!
大日岩

勝手に拡大っ!(顔認識できない程度だから、良いよね、、、)いいな。登りたいけど、バスの時間があるので先を急ぎます。
大日岩

大日小屋(07:33)

大日岩から少し先に進むと大日小屋に到着します。テントが数張ありました。
大日小屋

朽ちた看板。
大日小屋

お手洗いがあるようですが、後でK夫婦が「恐ろしいトイレだった」と仰っていました。。。どんなんだろう。。
大日小屋

ワイルドな道案内「フジミ→」
大日小屋

苔とか見ながら、、
苔

樹林帯を駆け下ります。
金峰山

富士見平小屋(08:10)

小屋が見えてきました。ベンチやテーブルがたくさんあって、休憩している人がたくさん。何にも食べていないからお腹が空きました。
富士見平小屋

テン場を眺めながら、ようやく朝ごはんを食べます。いいなぁ、ここでテン泊してみたいです。バス停から近いし練習によさそうな気がします。
富士見平小屋

休憩していると、家族連れの中学生ぐらいの女の子がトイレに入ってすぐに出てきました。「虫が多すぎてこわーい!!」そう言って、トイレに入らず金峰山方面に向かって行きました。でも、この先のトイレもこわいかもしれないよ?(汗)だって、大日小屋のトイレだろうし...。

富士見平小屋から瑞牆山往復

富士見平小屋(12:20)

よし、朝ごはんも食べたし、瑞牆山に向けて出発しますよ。
富士見平小屋

少し樹林帯を歩きます。
瑞牆山

沢を渡ると、岩場だらけの道になります。
瑞牆山

大きな岩を枝で支えてる風の演出(?)がされていますねぇ~。枝多すぎ(笑)
瑞牆山の岩

急こう配が続きますが、みーんな頑張って登っていますよ。
瑞牆山登山道

また、岩を枝で支えている風演出。なんですかこれ。流行っているのですか(笑)
瑞牆山の岩

薄暗い岩場の道を登り続けると、突如拓けた場所に。瑞牆山っぽい岩がそびえたちます。このあと、途中まで一緒だったおじさまと再開。
瑞牆山の岩

瑞牆山(10:23)

険しい岩の道を登りまくり、ついに瑞牆山山頂に到着しました!てか、途中にあるはずの桃太郎岩とか鋸岩とか、、、どれかわからないまま到着していまいました...。
瑞牆山山頂瑞牆山山頂

狭い岩の山頂に人がたくさん!ほんとたっくさん!!
瑞牆山山頂

とりあえず、ちょっと腰を下ろして休憩します。きれいだなー。
瑞牆山山頂瑞牆山山頂

瑞牆山山頂を出発(11:16)

しばしボーっとしますが、、、そうだ!バスの時間があった!ちょっと時間足りないけど急げば間に合うかも!ということで、無理のない程度に急ぎ目で下山することにします。無茶は禁止です。
瑞牆山山頂

だーっと駆け下りて、富士見平小屋の水場の上に到着(省略しすぎ)。下は水源なので変なことしちゃだめ!って看板が立っています。
富士見平小屋の水場の上

富士見平(12:19)

瑞牆山荘に向けて急ぎましょ~。コースタイムではもう時間が足りません。
富士見平

杉の樹林帯じゃないところがいいねぇ、、、とか思いながら駆け下ります。
富士見平

みずがき山荘(12:46)

バスの出発10分前にみずがき山荘に到着しました。ソフトクリーム食べたかったですが、時間がありません。
瑞牆山荘

なんか、最後だけ「世界!弾丸トラベラー」みたいになった...。ジカンニカギリガアリマス。

バスに乗ると、高校の登山部の集団と高校の先生と再会。先生と座席が隣になりました。先生は大学のときに山にはまって30年だそうで、いろいろと興味深いお話を聞かせていただきました。一番衝撃的だったお話が

「黒い雲が上がってきたなーと思って急いで避難しなきゃ!と思ってたら、雨が降る前にいきなり1発目の雷がピカッと光ってそのまま失神して気が付いたら病院のベッドで2週間入院」(大汗)

何が起きたかというと、1発目の雷が隣の木に落ちて(主雷)持っていた三脚に側雷が来て、雷の音を聞く間もなく失神したそうです。そのまま2週間入院したとのこと。先生よく生きている...。他にも死に掛けたことがたくさんあったし、仲間が山で亡くなられたこともあったそうです...。

とかお話していたら、K夫妻とも再会。
瑞牆山バス

K夫婦とお話していたら韮崎駅に到着。今回も良い山旅でした。
韮崎駅

下山後の立ち寄り温泉

韮崎駅から電車で甲府駅に移動します。甲府駅から向かったのは、徒歩8分程のところにある、ホテル談露館(だんろかん)です。ここ、穴場です!レンタルバスタオル付1,080円と、特別安くはないのですがすごーく綺麗で、且つお風呂に誰もいなかった~!ので、写真撮っちゃいました。談露館お風呂

まとめ

  • 金峰山周辺の稜線はとっても綺麗。また歩きたいです。
  • 山小屋は怖くない。
  • けど、眠るには人によっては工夫が必要っぽいです。
  • 奥秩父縦走したい。

楽天モーションウィジェット(もしも)

気に入ったら

このサイトが気に入ったら、Facebook「いいね」をお願いします♪更新情報が届きます。

Facebookページプラグイン(https://developers.facebook.com/docs/plugins/page-plugin?locale=ja_JP)

関連記事

こちらも読んでいってね

1
お得すぎるふるさと納税~アウトドア好きにおすすめはモンベルポイントバウチャー

ちまたで話題のふるさと納税。ふるさと納税のお礼の品を見てみると、「実質2000円 ...

2
山の雑誌をお得に読むなら「楽天マガジン」がオススメ♪Kindle Unlimitedより良い感じ。

月額380円(税抜)で約200雑誌が読み放題「楽天マガジン」というサービスがあり ...

3
OMM・UL(ウルトラライト)ハイキング・ファストパッキング・スピードハイクの書籍をまとめてみた【随時更新】

目次1 ファストパッキング 2016 何を削れるか?2 RUN+TRAIL (ラ ...

 - 奥秩父 , , , ,