Trip Notes -旅のメモ-

登山・トレッキング・テント泊・縦走・雪山・オリエンテーリング・山道具や海外旅行女性一人旅などに関するブログ

雲取山と三条の湯 1泊2日テント泊登山(1/2)雲取山山頂を経由して三条の湯へ

      2017/07/28

IMG_3691_R.jpg

NEMO TANI LS 1Pを購入したのでテント泊をしたくなったぽこ(@TripNotes_poco)です。雪山行き過ぎて先立つものが、、、交通費があんまりかからなくて、気軽にテン泊できるところないかなぁ。
雲取山(あまり一般には知られていないけど東京都の最高峰。2017m)とか?でも、雲取山は日帰りの山だし、わざわざテント泊で行くのも...(前回、雲取山に行ったときにはテン泊装備を持って行ったのにうっかり日帰りしてしまった)。そういえば、雲取山に三条の湯というう山小屋があるから、そこの温泉に入るのを目的で行くのもいいかも!最近もっちー(新キャラ)がオニドーム2を買ったので、テントを持ってる仲間も誘って温泉登山しよう!

コースについて

ルート 留浦(07:51)→ (08:00)鴨沢バス停(08:01)→ (08:28)丹波山村村営駐車場(08:29)→ (08:33)小袖緑道あがり(08:34)→ (09:58)堂所(09:59)→ (10:53)七ツ石小屋(11:06)→ (11:34)ブナ坂(11:35)→ (12:02)奥多摩小屋→ (12:32)小雲取山(12:36)→ (12:50)雲取山避難小屋(12:55)→ (12:59)雲取山(13:39)→ (13:41)雲取山避難小屋(13:42)→ (14:04)三条ダルミ→ (15:26)三条の湯→ (15:28)三条の湯テント場
歩行距離 17.1km
所要時間 山行  6時間29分(標準コースタイムの0.83)
休憩  1時間8分
合計  7時間37分
メンバー 3~5~2人

参考にしたもの

「山と高原地図 雲取山・両神山」です。GPSデータはiPhone版の「山と高原地図」で取得しています。

登山口までの交通

公共交通機関を利用して、奥多摩側のメジャーな登山口・鴨沢バス停まで行くとスタートが10時過ぎになってしまいます。バスの本数も少なくて繁忙期にはギューギューのバスに詰め込まれ、立ちっぱなしでぐにゃぐにゃの道に耐えるのが辛いっ。百名山の割にはあまりアクセスが良くないの...(はまさか!日帰りさせないために遅いバスしかないのではー!←注:妄想です)

出発前日になって「自分は日帰りするけど良かったら車出しますよ。」と言ってくださる方が現れ、乗せていただくことになりました。
始発で都内某所に出発して合流し、鴨沢付近の駐車場へ向かいますが、先に別の車で向かっているもっちー班より「村営登山者駐車場は一杯だよー」と連絡があったので、留浦(とずら)に駐車します。とずら、これは読めないわ。

2016年5月14日 留浦から雲取山を経由して三条の湯まで

留浦(07:51)

留浦に到着した時点では、駐車場にはまだ余裕がありました。
留浦

りかちゃん、トシゾーさん、ぽこの3人で出発します~。
留浦

そうそうー!トシゾーさんの「自分は日帰りするけど良かったら車出しますよ。」をりかちゃんは「テン泊やめて日帰りになったんだ~」と解釈してしまい、日帰り装備で来てしまいました。なんとゆーこと~。ぽこの伝え方が悪かったか...。

(08:00)鴨沢バス停(08:01)

ちなみに、留浦駐車場から本来停めたかった村営登山者駐車場まではコースタイムで40分もあるの...。とりあえず、鴨沢のバス停へ。
鴨沢バス停

案内板に従って山道を歩きます。
鴨沢鴨沢

(08:28)丹波山村村営駐車場(08:29)

山道を抜けると村営登山者駐車場。なかなか有り得ないレベルでギューギューです。出入りできるのかなこれ。
丹波山村村営駐車場

(08:33)小袖緑道あがり(08:34)

村営登山者駐車場から数分で登山道に入ります。
小袖緑道あがり

お約束の廃屋を横目に、、、
奥多摩の廃墟

久しぶりの奥多摩は「奥多摩ってこんなに歩きやすい道だったけ?!?!」と思うほど歩きやすく。大変よく整備されているな~と感じる道です。新緑が眩しい。杉の樹林帯じゃない森っていいですね。
雲取山登山道

(09:58)堂所(09:59)

七ツ石小屋を目指します。久しぶりの登山で荷物が重い...。
堂所

アカヤシオに見とれながら歩きます。
アカヤシオ
七ツ石小屋下七ツ石小屋下

荷物が重くてぐったり、、、七ツ石小屋が見えてきました。はやくっはやくっ。
七ツ石小屋下

(10:53)七ツ石小屋(11:06)

七ツ石小屋に到着。
七ツ石小屋

「2016年3月で営業を終了したので無人の避難小屋になっているよ」と聞いたのですが、「4/29より営業を再開致しました。」との張り紙がありました。再開したんですねぇ~!
七ツ石小屋

多くの方が小屋の前の広場で休憩していました。トイレ綺麗でした。トイレットペーパーはこの時はありました。
七ツ石小屋の広場

流し台付きの水場がありました。昨年来たときは無かったと思う。いろいろ進化していました!
七ツ石小屋の水場

10分ちょっと休憩したら先に進みますよ~。

(11:34)ブナ坂

七ツ石小屋からトラバース道を抜けるとブナ坂に到着。ここから石尾根縦走路に入ります。樹林帯を抜けて景色が開けてきますよ。
ブナ坂

道の先にぐにゃぐにゃの木が見えてきましたよ。。
石尾根縦走路

石尾根縦走路名物のダンシングツリーらしいです。どうしてこんな形になったかね?
ダンシングツリー

ヘリポートを通り過ぎます。
石尾根縦走路のヘリポート

テントが数張り張られています。奥多摩小屋のテン場ですね。
奥多摩小屋のテン場

(12:02)奥多摩小屋

いつも、営業しているのかしていないのか、ひっそりしている奥多摩小屋。
奥多摩小屋

迷わず巻き道を選択っ。
石尾根縦走路

トシゾーさんとりかちゃんはまきみちではないほうへ...。巻き道は平坦で楽~~。合流地点でしばらく待ちました。
石尾根縦走路

小雲取山への登りで急に青空が出てきました。暑いよ~。
小雲取山への登り

(12:32)小雲取山(12:36)

たぶん、ここが小雲取山のはず。標識がないのでいまいち確信が持てないのです。
小雲取山

青空はほんの一瞬ですぐに曇り空になります。
小雲取山

雲取山山頂まであと少し。がんばりましょ~。それにしても薄暗いな。
小雲取山

雲取山避難小屋が見えてきました。
雲取山避難小屋

(12:50)雲取山避難小屋(12:55)

無事に到着っ。なんか荷物がすごく重かったよ...。でも、日帰りのトシゾーさんは無駄にトレーニングで水をたくさん背負っていたからもっと重かったようです。
雲取山避難小屋

この辺りで合流する予定だったので「もっち~!」と叫んでみますがもっちーが見当たらないので、小屋に向かって左側にある雲取山山頂標識(山梨県)を撮影。山梨百名山ですか、そうですか。
雲取山山梨県の山頂

すると小屋の裏からもっちーがひょっこり現れて「ぽこさ~ん」「あっ!もっちー!!」無事に合流。

(12:59)雲取山(13:39)

雲取山避難小屋向かって右に進むと数分で東京都の山頂と埼玉県の山頂がある広場に到着します。

これ、埼玉県(標高2,017m)とちゃんと書いてあります。
雲取山埼玉県の山頂

東京都のが一番立派なのね。標高が書いてないのが惜しいところです。
雲取山東京都の山頂

ちょっとお昼休憩をとります。もっちーともっちーの先輩M氏は1時間程前に山頂に到着していたようです。

ここでグループ組み換えです。もっちー&ぽこは三条の湯へ、M氏&トシゾーさん&りかちゃんは日帰りなので下山します。この3人は今日が初対面。無茶ぶりですまない...。またね~。(ちゃんと仲良く下山できたそうです。みんな大人です。)

三条の湯へはひたすら標高を下げていきますので、身体は楽(?)だけど、今までの道と比べると人があまり通らない道なので少し、ほんの少し歩きづらい道です。三条の湯へ

(14:04)三条ダルミ

あまりに人が通らない道なので、「こっちであっているのか?」とドキドキし始めたころに道標が出てきてホッとしたりします。
三条ダルミ

もっちー「飽きたー。小屋まだー?」「飽きたね...。」

三条の湯

沢が出てくればもうすぐ!
三条の湯

見えてきたーーー。
三条の湯

雲取山山頂から約1時間50分ひたすら下って到着、、、、つ、疲れた。

つづく。

奥多摩の秘湯。山小屋『三条の湯』でテント泊してきた。

楽天モーションウィジェット(もしも)

気に入ったら

このサイトが気に入ったら、Facebook「いいね」をお願いします♪更新情報が届きます。

Facebookページプラグイン(https://developers.facebook.com/docs/plugins/page-plugin?locale=ja_JP)

関連記事

こちらも読んでいってね

1
お得すぎるふるさと納税~アウトドア好きにおすすめはモンベルポイントバウチャー

ちまたで話題のふるさと納税。ふるさと納税のお礼の品を見てみると、「実質2000円 ...

2
山の雑誌をお得に読むなら「楽天マガジン」がオススメ♪Kindle Unlimitedより良い感じ。

月額380円(税抜)で約200雑誌が読み放題「楽天マガジン」というサービスがあり ...

3
OMM・UL(ウルトラライト)ハイキング・ファストパッキング・スピードハイクの書籍をまとめてみた【随時更新】

目次1 ファストパッキング 2016 何を削れるか?2 RUN+TRAIL (ラ ...

 - 奥多摩 , ,