Trip Notes -旅のメモ-

登山・トレッキング・テント泊・縦走・雪山・オリエンテーリング・山道具や海外旅行女性一人旅などに関するブログ

北岳1泊2日テント泊登山(1/2) 高山植物咲き乱れる稜線歩き。

      2017/09/03

北岳に続く稜線

日本一高い山は富士山ということは誰でも知っていそうですが、二番目に高い山って、登山に興味がない人は知らない人が多いのではないでしょうか。ぽこ(@TripNotes_poco)も登山を始める数年前まで知りませんでした。

日本で二番目に高い山は、南アルプスの北岳標高は3,193mです。

2週連続の南アルプスです。南アルプスにあるのに北岳という名前は若干混乱します。

コースについて

ルート 広河原山荘(06:45)→(06:53)白根御池分岐(06:54)→(08:46)白根御池小屋(09:04)→(11:03)草すべり分岐(11:10)→(11:24)小太郎尾根分岐(11:34)→(12:10)北岳肩ノ小屋
歩行距離 9.76km
所要時間 山行 4時間49分
休憩 36分
合計 5時間25分
メンバー ほぼ1人

参考にしたもの

「山と高原地図 42. 北岳・甲斐駒」です。GPSデータはiPhone版の「山と高原地図」で取得しています。

登山口までの交通

山仲間のだぁさんが南アルプスの白峰三山に行くというので、登山口の広河原までご一緒させていただくことになりました。
都内某所で集合し、先週も訪れた奈良田の駐車場へ向かいます。

仮眠の前になぜか脱いで置いておいた靴下がなくなるという謎のトラブルが発生(たぶんコンビニかどこかに落としたんだと思う、、、←そもそも謎)。

どうしよっかなぁー。帰りに履く予定の普通の靴下で行こうかなぁ、、、と考えていると、だぁさんが予備に持っていたスマートウールの靴下を貸してくださったーーー!!!神!!!ありがたや~。

さて仮眠、、ZZzzzz。

奈良田から広河原行きのバスの始発は5:30。4:30頃様子を見に行くとすでに並び始めている人がいたのでザックを持って行列に並びます。乗車時間が長いのでここは是非座りたいところです。というか、予約制にしてくれればいいのになぁ。無駄な時間です。

行列はあっという間に伸びていきます。奈良田のバス行列

バスは確か2台来たと思いますが、第一駐車場の時点でほぼ座席一杯。車内ほぼギューギュー。第二駐車場からの人はどうしたんだろう。よくわからないです。早く並んで座れた良かった。チケットは1,130円です。奈良田から広河原のバスチケット

海の日三連休の込み具合、恐ろしいです。。

そんなぎゅーぎゅーのバスに揺られて広河原に到着しました。バスと登山者でめちゃくちゃ混雑している広河原。
広河原

広河原から山奥のほうを眺めるとひときわ明るく輝いている(ような気がする)山が見えます。

だぁさん「あれが北岳かねぇ?」
わたし「ど、どうだろう。。。」
北岳?

大きな吊り橋を渡って広河原山荘に向かいます。広河原の吊り橋

2017年7月15日 広河原から北岳肩の小屋へ

広河原山荘(06:45)

広河原山荘も登山者で賑わっています。北岳肩の小屋のテン場が空いているか今から心配になってきました。広河原山荘

バスが到着する広河原インフォメーションセンターのトイレ、朝は混んでいるので広河原山荘のトイレを利用するほうが空いていて良いです。こちらには水場があって手も洗えるし!

(見た目は立派ですが)広河原インフォメーションセンターのトイレには手洗いできる場所がありません。代わりに消毒液は置いてありますよ(でも、そういう問題じゃないですよね)。

広河原山荘にはテン場もあります。広河原山荘のテン場

トイレを済ませて歩き始めます。しばらく緩やかな樹林帯です。広河原から白根御池小屋へ

が、すぐに急登りが始まりますよ。登山者連なっています。テン泊装備の人もたくさんいるので、テン場が心配です。広河原から白根御池小屋へ

梯子?階段も多く登場します。とても整備されていて歩きやすいです。北岳登山

(06:53)白根御池分岐(06:54)

広河原から登山道を登っていくと白根御池小屋方面と大樺沢の分岐点に到着します。今時点(2017年7月15日)は大樺沢はアイゼンが必要な雪渓歩きになります。アイゼン持ってきていない(重いの嫌)ので雪渓無しの白根御池小屋方面に向かいます。

しばらく歩いて、、、

わたし「だぁさんは北岳山荘まで行く予定だし先に行ってねぇ~!」
だぁさん「んじゃ、先行くわ。」
わたし「気をつけてね~ばいばい。」

だぁさんを見送ります。速いな。羨ましいー。わたしも地味にがんばろ。。。

樹林帯暑い。。。北岳登山

道が平坦になってきたらもうすぐ白根御池小屋です。北岳登山

見えてきた!北岳登山 白根御池小屋

(08:46)白根御池小屋(09:04)

もしかして、白根御池小屋でだぁさんと再会できるかしら?と思っていましたが時既に遅し。とっくにいませんでした。まぁ、しょうがない。北岳登山 白根御池小屋

すでにテントが何張りか張られていましたが、まだまだ早い時間帯なのでかなり余裕がある状態です。白根御池小屋のテン場

とりあえず少し休憩しよーっと!白根御池小屋名物のソフトクリーム(というかシャーベット?)を食べます!桃味とバニラ味がありますよ。500円です。

桃味にしてみました。スジャータのアイスっぽいけど、スジャータのアイスに500円は高いけど、山で食べるアイスは5割増しで美味しいです♪

休憩している人の大半はアイスを食べていましたよ。白根御池小屋

白根御池、とっても美しい~。ここでのんびりテン泊もいいなぁ♪白根御池

休憩を終えて、キツイと噂(?)の草すべりに突入します。辺りは緑!ほんっと緑だわ。夏ですねぇ。白根御池小屋

うええぇぇぇすごく急登...つづら折りの、草に囲まれた岩の斜面の登山道をひたすら登っていきます。背後から容赦なく照り付ける直射日光を浴びて暑いっ。

草すべり、という名のエリアなので、道が草で滑るのかと思っていました...が、そんなわけではなく、小石が転がっている道です。小石で足が滑るというか、歩きやすくはないです。
北岳 草すべり

左側に見える遠くの雪渓には、おっ!大樺沢

わたしが避けたアイゼン必須の雪渓を登っている人々が見えます。あっちはあっちでキツそうです~!少しは涼しさがあるのでしょうか。。雪の照り返しが厳しそうな気もします。大樺沢

暑くて暑くてよれよれになりながら登っていると、初めてみたお花が!あとで、かめの子ちゃんに聞いてみたらミヤマハナシノブですって。紫のお花はそんなに見かけないので新鮮です。かわいい!ミヤマハナシノブ

これは、ハクサンチドリかな~。ハクサンチドリ

ちょっとピンボケ、ナナカマドのお花!ナナカマドって紅葉の時しか意識したことなくて、花を初めてちゃんと見ました。ナナカマド

キバナノコマノツメキバナノコマノツメ

写真を撮りながら騙し騙し(謎)登っていきます。ぜーはー。。。北岳登山

再び大樺沢の雪渓のほうを見ると、あちらはあちらで行列になっています。うん、来年はあっちを登ってみよ。

白根御池小屋から2時間弱登ってきたところで高い木が途絶え、山の斜面に黄色いシナノキンバイのお花畑!わぁぁぁ!疲れが吹き飛びます。北岳 シナノキンバイのお花畑

実はこの素敵なお花畑は柵で囲まれているのです。北岳 植生保護柵

柵が無いと、ニホンジカが食べてしまうそうな。。柵があるのは景観が良くないけれども、このお陰でお花畑が守られているのですね。北岳 植生保護柵

ちょっと元気でた。がんばろう。

 

(11:03)草すべり分岐(11:10)

草すべりと右俣コースの分岐点です。草すべり分岐

この斜面を登り切れば稜線に出るはずです。北岳登山

わ、ハクサンイチゲですね。

(11:24)小太郎尾根分岐(11:34)

斜面を登りきると小太郎尾根分岐です。

この先は楽しい稜線歩きです。とても良い天気の日で嬉しい~っ。

鳳凰三山のオベリスクがはっきり分かります!とがってる。鳳凰三山のオベリスク

ここまで来れば、あとは標準コースタイムで30分程で北岳肩の小屋に着くはず。のんびり行きましょう。

稜線歩き、たっのしーーいなぁぁぁぁ(←浮かれております。)北岳登山

稜線の両脇もお花いろいろです。アオノツガザクラだ~。アオノツガザクラ

こちらはタカネツメクサの群生。タカネツメクサ

小屋が見えてきましたー!北岳肩の小屋

小屋が見えては来ましたが、まだ少し距離があります。ちょっとした岩の道を登ります。北岳登山

落石を起こさないように、慎重に。北岳登山

テン場が見えてきたー!北岳登山

(12:10)北岳肩ノ小屋

北岳肩の小屋に到着です。次の小屋、北岳山荘に行けたら行きたかったけど、すでにテン場が混み始めているし、ここに泊まっちゃうことにします。

つづく。

南アルプス 北岳肩の小屋でテント泊してきたよ。標高3000mの絶景テン場。

楽天モーションウィジェット(もしも)

気に入ったら

このサイトが気に入ったら、Facebook「いいね」をお願いします♪更新情報が届きます。

Facebookページプラグイン(https://developers.facebook.com/docs/plugins/page-plugin?locale=ja_JP)

関連記事

こちらも読んでいってね

1
お得すぎるふるさと納税~アウトドア好きにおすすめはモンベルポイントバウチャー

ちまたで話題のふるさと納税。ふるさと納税のお礼の品を見てみると、「実質2000円 ...

2
山の雑誌をお得に読むなら「楽天マガジン」がオススメ♪Kindle Unlimitedより良い感じ。

月額380円(税抜)で約200雑誌が読み放題「楽天マガジン」というサービスがあり ...

3
OMM・UL(ウルトラライト)ハイキング・ファストパッキング・スピードハイクの書籍をまとめてみた【随時更新】

目次1 ファストパッキング 2016 何を削れるか?2 RUN+TRAIL (ラ ...

 - 南アルプス , , ,