Trip Notes -旅のメモ-

登山・トレッキング・テント泊・縦走・雪山・オリエンテーリング・山道具や海外旅行女性一人旅などに関するブログ

お得すぎるふるさと納税~アウトドア好きにおすすめはモンベルポイントバウチャー

      2017/06/26

ふるさと納税

ちまたで話題のふるさと納税。ふるさと納税のお礼の品を見てみると、「実質2000円でこんなにもらえる」という内容の表記がありました。お礼の品の中にはお肉などの特産品に加え、モンベルの買い物で利用できるポイントなどもあります。これが実質2000円てこと?

ふるさと納税ってどんな風にお得なの?

ランキング

ふるさと納税には大きく3つの魅力があります。

  • 寄付のお礼として特産品等がもらえる
  • 好きな自治体に寄付することができる(自分の故郷とかは関係ないです)
  • 寄付金は税金が控除される。実質2000円の負担でOK←ここが一番大事なところですよね。

税金控除の限度額を超えない限り実質2,000円の負担でさまざまな特典が貰えます! うまい話過ぎて騙されているんじゃないか?!と不安になり...ますよね。

ちなみに、長野県小谷村に寄付をした場合、以下のモンベルポイント(1pt=1円)をもらうことが出来ます。

30,000円の寄付 → 15,000pt
60,000円の寄付 → 30,000pt
80,000円の寄付 → 40,000pt
100,000円の寄付 → 50,000pt
150,000円の寄付 → 75,000pt
300,000円の寄付 → 150000pt
500,000円の寄付 → 250,000pt

はっきり言って、ふるさと納税はやらないと損です。こんなお得な仕組みいつ無くなるかわかりません。よくわからないからやらないなんてもったいなさすぎます。これは納税者なら絶対にやるべきです。というわけで、仕組みをざっくり説明してみます。

実質2,000円!ふるさと納税の仕組み

お金_R

ふるさと納税の手順は簡単です。

  1. 自分の年収と家族構成から納税額の上限を確認する。
  2. お礼品を選ぶ
  3. 寄付を申し込む
  4. お礼品を受け取る
  5. 確定申告をする(手続きを簡素化する<ふるさと納税ワンストップ特例制度>なら、確定申告不要で手続きも簡単。)

たったこれだけです。これをどうしたら2000円になるのか??具体例を出していきましょう。

<例>年収500万円の単身者が寄付する場合

年収500万円の単身者の場合、寄付金額の上限の目安は67,000円です。寄付の上限額は家族構成や年収によって異なるので<ふるさと納税で税金控除になる金額について>を参考にしてください。詳しいシミュレーションは<控除シミュレーション>が参考になります。
今回の例では、上限が67,000円なので、長野県小谷町に60,000円を寄付するとしましょう。お礼としてモンベル ポイントバウチャー30,000pt(3万円分の買い物ができます)と1年間のモンベルクラブ会員無料登録権利(1500円相当。既存会員は1年間有効期限延長。)をもらうことが出来ます。

60,000円の寄付で31,500円分(30,000pt+1,500円分)がもらえるわけですが、これだけだと価値が半減したみたいで損したことになりますよね。

ここから先にからくりがあります。以下の流れで納税額60,000円から自己負担額として一律2,000円を引いた58,000円が戻ってきます

① 実質負担金は2,000円

納税額60,000円から自己負担額として一律2,000円を引きます。

60,000円-2,000円=58,000円

この58,000円が最終的に戻ってくる金額になります。

② 自己負担額を引いた額から10%がキャッシュバックされる

上記58,000円の10%が確定申告をした1ヵ月程度後に、税務署から自分の口座に振り込まれます(条件により確定申告不要にする方法もあります。<ふるさと納税ワンストップ特例制度>)

58,000円×10%=5,800円

③ 自己負担額を引いた額から90%は住民税および所得税から減額される

残りの90%は翌年の6月頃からの住民税および所得税から減額されます。「キャッシュバックではない=納税していないと戻ってこない」ことに注意してくださいね。

58,000円×90%=52,200円

今回の例の場合、翌年の住民税及び所得税から毎月4,350円(52,200円÷12=4,350円)が減額されることになります。

以上のように、1年かけて返金されることになるので時間はかかりますが、60,000円の寄付をすると実質2,000円の自己負担でモンベルのポイントバウチャー30,000ptとモンベルクラブ年会費の権利をもらうことができる、ということになります。
総務省 ふるさと納税のしくみ>も参考にしてください。

おすすめのふるさと納税サイト

ふるさと納税はインターネットから簡単にできちゃいます。オススメは

 モンベル小谷村2_R

ふるなびはモンベル×小谷町特集ページがあったので、わたしはここからふるさと納税しました。モンベルのポイントバウチャーは還元率も高く(50%以上!!)、好きな商品を選ぶことができるので、わたしの一番のオススメです。

全ての自治体が揃っていてお礼品の検索がしやすいです。

制度の説明が分かりやすいです。

ポイントをどう使う?

モンベルにはアウトドア好きには魅力的な商品が揃っています。

ステラリッジ

1つ目のテントとしてよくオススメされる定番のステラリッジです。フライシートの色が選べるのがいいですね!

シュラフ

3シーズンの利用にオススメされるシュラフです。

メリノウール製品

品質が良くて低価格のメリノウール製品なども。

まとめ

  • 納税者なら絶対にふるさと納税はやるべきです。こんなお得すぎる仕組みを活用しないともったいない!
  • ふるさと納税は実質2000円でいろんなお礼品をもらえます。
  • 家族構成や年収によってお得に寄付できる金額に上限があるのでよく確認してくださいね。
  • モンベルのポイントバウチャーは還元率が高くてオススメです。

そして、実際にやってみました。

やらなきゃ損する!ふるさと納税をやってみたよ。長野県小谷村のふるさと納税でモンベルのポイントをゲット。

楽天モーションウィジェット(もしも)

気に入ったら

このサイトが気に入ったら、Facebook「いいね」をお願いします♪更新情報が届きます。

Facebookページプラグイン(https://developers.facebook.com/docs/plugins/page-plugin?locale=ja_JP)

関連記事

こちらも読んでいってね

1
お得すぎるふるさと納税~アウトドア好きにおすすめはモンベルポイントバウチャー

ちまたで話題のふるさと納税。ふるさと納税のお礼の品を見てみると、「実質2000円 ...

2
山の雑誌をお得に読むなら「楽天マガジン」がオススメ♪Kindle Unlimitedより良い感じ。

月額380円(税抜)で約200雑誌が読み放題「楽天マガジン」というサービスがあり ...

3
OMM・UL(ウルトラライト)ハイキング・ファストパッキング・スピードハイクの書籍をまとめてみた【随時更新】

目次1 ファストパッキング 2016 何を削れるか?2 RUN+TRAIL (ラ ...

 - 山道具