Trip Notes -旅のメモ-

登山・トレッキング・テント泊・縦走・雪山・オリエンテーリング・山道具や海外旅行女性一人旅などに関するブログ

首都圏から竹田城跡へ。モデルプランを考える。

      2015/08/22

以前から興味があった竹田城跡。行き方を調べたのでまとめてみました。
03_R

竹田城跡ってどこ?

美しい雲海の上に建つ城跡。天空の城ラピュタみたい~。日本のマチュピチュ!?日本にあるらしいけど、一体どこにあるのでしょう。
takeda_019_R
調べると兵庫県にありました。兵庫県のJR竹田駅から徒歩40分ぐらいです(途中まではバスやタクシーや自家用車で行くことが可能)。

写真の雲海はいつでも見ることができるの?

201011242240108c5_R
公式ホームページによると、9~2月頃まで見ることができる可能性があり、晩秋が確立高いって!ちなみに、晩秋とは11月から12月初め頃になります。
しかも、時間帯も限られていて明け方から午前8時頃まで。首都圏から行くなら前泊は必須です。その季節・時間に行けば必ず見ることができるわけではなくて天候にもよります。

行き方

「JR竹田駅から徒歩40分」とは言っても、JR竹田駅ってドコ?
首都圏からJR竹田駅までどうやっていけばいいのか、Google Mapで検索します。

新宿駅から竹田城跡まで

か、片道約6時間、、、なかなか行きづらそうです。しかも、新幹線を利用するので交通費高め(¥16,270)です。
もっと良い行き方がありそうなので調べてみることにします。

行き方(高速バス利用)

地図を眺めていると「姫路」から電車に乗ると行きやすいんじゃないか思い、「姫路駅→竹田駅」を検索。

姫路駅からなら電車で1時間半~2時間程度です。
それなら、新宿駅から姫路駅までバス利用で行ったらどうだろう。こっちのほうが乗り換えも少ないし行きやすそう!高速バスでの移動に耐えられるなら良いかも。

竹田城周辺の宿泊

旅行の宿は重要なポイント!

  • 「雲海」の時間に合うような交通手段があること←これが一番重要です

できれば宿から徒歩で向かえるのがベスト。駅近くの宿を探してみます
JR竹田駅徒歩圏内の宿は2軒程。大体12,000~27,000円ぐらい。雲海の時期は予約がとても取りずらいようなので、お隣のJR和田山駅を検討するのも良いかもしれません。

首都圏から竹田城跡に行く!モデルプランを考えてみた

スケジュール

1 金曜日の夜~土曜日朝 首都圏を出発→姫路駅へ
2 土曜日午前中 姫路観光
3 土曜日午後 姫路駅から竹田駅へ移動
昼間の竹田城跡へ登って観光
宿にチェックイン
4 日曜日早朝~午前中 立雲峡観光
宿に戻り休憩
5 日曜日午後 京都経由で新幹線に乗って首都圏へ

1 金曜日の夜~土曜日朝

高速バスで移動します。22:30新宿駅発→8:00姫路着

11/7(金)の場合の料金
3列独立シート :9,400円
4列ゆったりシート:7,700円

2 土曜日午前中

姫路駅に到着後、荷物をコインロッカーに預けて姫路観光をします。
6qul2vhv_R

  • 世界遺産の姫路城観光
  • 姫路グルメ

などを楽しみましょう~。

3 土曜日午後

姫路駅からJR竹田駅に移動。交通費¥1,140

コインロッカーはないので駅近くの宿をとり、荷物を預けよう。そして、竹田城跡に登り、昼間の竹田城跡を堪能します。

観覧料金

大人(高校生以上) 300円(平成29年4月1日からは400円)
中学生以下 無料
年間パスポート
(毎年4/1~3/31)
1,000円

下山したら、宿へ。

4 日曜日早朝~午前中

日曜日早朝。夜明け前に行動開始。
持ち物

  • レインコートやレインウェア(雲海で服が濡れるのを防ぐため)
  • 懐中電灯
  • 歩きやすい靴

この装備で、竹田城跡へ、、、と思いきや、立雲峡(りつうんきょう)へ向かい、竹田城跡を見下ろす角度で見るのです。

竹田城跡の景色を堪能したら、宿に戻って朝食を食べて休憩してチェックアウト。

5 日曜日午後

竹田駅から京都駅へ向かい新幹線に乗って首都圏へ戻ります。交通費¥16,270

と、考えてみたプランでした。

楽天モーションウィジェット(もしも)

気に入ったら

このサイトが気に入ったら、Facebook「いいね」をお願いします♪更新情報が届きます。

Facebookページプラグイン(https://developers.facebook.com/docs/plugins/page-plugin?locale=ja_JP)

関連記事

こちらも読んでいってね

1
お得すぎるふるさと納税~アウトドア好きにおすすめはモンベルポイントバウチャー

ちまたで話題のふるさと納税。ふるさと納税のお礼の品を見てみると、「実質2000円 ...

2
山の雑誌をお得に読むなら「楽天マガジン」がオススメ♪Kindle Unlimitedより良い感じ。

月額380円(税抜)で約200雑誌が読み放題「楽天マガジン」というサービスがあり ...

3
OMM・UL(ウルトラライト)ハイキング・ファストパッキング・スピードハイクの書籍をまとめてみた【随時更新】

目次1 ファストパッキング 2016 何を削れるか?2 RUN+TRAIL (ラ ...

 - 竹田城跡