Trip Notes -旅のメモ-

登山・トレッキング・テント泊・縦走・雪山・オリエンテーリング・山道具や海外旅行女性一人旅などに関するブログ

一部解禁 浅間山の前掛山まで日帰り登山

      2019/05/05

久しぶりの登山に行ってきた ぽこ(@trip_notes)です。

2018年8月30日に浅間山の噴火警戒レベルが2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)に引き下げられました。
まだ浅間山山頂まで行くことはできませんが、その手前の前掛山までなら行けるそうで、4人で行ってきましたよ!ヘルメット持参で。

噴火警戒レベルが引き下げられてからの初めての晴天土日でしたので、すごくたくさんの登山者がいました。

コースについて

ルート  浅間山荘登山口(07:32)→(08:06)一ノ鳥居→(08:20)二ノ鳥居(08:24)→(09:17)浅間火山館(09:38)→(09:45)湯ノ平分岐(09:46)→(10:02)賽の河原分岐(10:03)→(11:02)立入禁止告示板→(11:31)前掛山(11:39)→(12:35)立入禁止告示板→(13:18)賽の河原分岐(13:19)→(13:30)湯ノ平分岐(13:31)→(13:35)浅間火山館(13:50)→(14:19)二ノ鳥居(14:20)→(14:34)一ノ鳥居(14:35)→(14:57)浅間山荘登山口(14:58)
歩行距離 13.21km
所要時間 山行 6時間31分
休憩 55分
合計 7時間26分
メンバー 4人

参考にしたもの

「山と高原地図.19 浅間山 軽井沢・長野原の山々」です。GPSデータはiPhone版の「山と高原地図」で取得しています。

念のためヘルメットは持参しよう

わたしが使用しているのはブラックダイヤモンドの製品です。こちらは230gです。

でも、最近気になっているのはペツルの超軽量タイプ シロッコが欲しいのです。160gとすごく軽いのです。

登山口までの交通

前日の夜、都内某所に集合。レンタカーで浅間山方面に向けて出発します。途中、道の駅で車内仮眠を取ったのですが、なんてところだったか忘れました。。。

そして翌朝、天狗温泉浅間山荘周辺の駐車場へ。

なかなかの混雑です。規制が引き下げられてからの晴天だったので余計に混んでいたのかも!

出発の準備をして、徒歩数分の登山口へ向かいます。

2018年9月23日 一部解禁 浅間山の前掛山まで日帰り登山

浅間山荘登山口(07:32)

登山口がすでに6合目ですか。楽な山なのかな~(下調べあんまりしていない...)。久しぶりの登山だし、あんまり激しいのは嫌だったので楽しく登山できそう~!

始めは緩やかな樹林帯を登っていきます。

きのこ。

 

(08:06)一ノ鳥居

一ノ鳥居に到着しました。

この先の二ノ鳥居までのルートは普通の山道と、滝が見える山道に分かれているそうで、滝が見えるルートへ向かいます。帰りはルートを変えればいいですしね。

滝が見えてきました。不動滝というそうです。

登山道の途中に薪が置いてありました。1つでもいいからこの先の小屋(火山館)まで持ってきてください、ですって。持って行っても良かったのですが、ザックに入れると結構汚れそうな印象の薪だったので止めておきました。やる気のある人はビニール袋なんかを用意してから行くといいかも。

(08:20)二ノ鳥居(08:24)

二ノ鳥居は気が付いたらスルーしていました...。

爽やかな緑の中を登っていきます。気持ちがいいなぁ~。

樹林帯が少なくなってきて周囲がゴツゴツしてきましたよ。

(09:17)浅間火山館(09:38)

多くの登山者でにぎわう浅間火山間に到着しました。

ここにはきれいなトイレがあります。休憩できるテーブルとイスもあるので、ここで少し休憩することにしました。

(09:45)湯ノ平分岐(09:46)

湯ノ平分岐から、賽の河原分岐に向かいます。

樹林がだいぶ低くなってきました。奥に見えるのが浅間山。

そして、すっかり樹林帯を抜けましたよ。こういう道、好きなのです。それにしても、多くの人が登っているのわかりますか。この辺りは岩で足を取られる人が多い為か、登りも下りも結構渋滞していました。

振り返るとこの景色。すがすがしいですねぇ。

(11:02)立入禁止告示板

立ち入り禁止告示板あたりには、土管のような?避難小屋?が2つあります。これで、噴火からどのように守られるのかイメージが湧きません。ここに入りきらないぐらい多くの人がいたしなぁ。

やっぱりイメージが湧きません。

奥の、前掛山へ向かう人々がアリさんのようですね。

休憩する人々の前には雲海が。気持ちよい場所です。

雲の上にいる感じがすごく良いですよね!

前掛山に向かって歩いていきます。どうやら写真行列ができているみたい!わたしたちもあのアリさん行列に加わることにしましょうか。

(11:31)前掛山(11:39)

10~15分程並んで、ようやく前掛山の標識を拝むことができました。

この先は行けないところ。いつか行けることができる日が来るのでしょうか。

さて、山頂は込み合っているのでささっと下山を開始しましょう。

稜線は結構な強風が吹いていたので、少し風を避けられるところで軽くお昼ごはんを頂きました。

(14:34)一ノ鳥居(14:35)

下山途中、一ノ鳥居と二ノ鳥居の間あたりでカモシカさんを発見!結構近くてみんなびっくり!

(14:57)浅間山荘登山口

全員無事に下山しました~。

下山後のお風呂

お風呂

天狗温泉 浅間山荘の温泉を利用してもよかったのですが、少し込み合っていたので車で移動し、あぐりの湯こもろへ向かいました。

大人500円とお手頃な利用料金でした。

まとめ

  • 樹林帯を抜けた後の稜線歩きは本当に気持ちよかったのでおススメです。また行きたいな~と思う山でした。
  • 活火山であることには変わりないので、念のためヘルメット(災害時に役に立つかはわからないが...ないよりかはマシかと)を持参していくといいと思います。
  • 本気で噴火すると火口から2,3Km離れたところまで1m程度の岩が飛んでくるそうです。

楽天モーションウィジェット(もしも)

気に入ったら

Twitter(@TripNotes_poco)、Instagram(@trip_notes)をやってます。是非フォローしてください。

Facebook「いいね」をお願いします♪更新情報が届きます。

Facebookページプラグイン(https://developers.facebook.com/docs/plugins/page-plugin?locale=ja_JP)

関連記事

こちらも読んでいってね

1
山の雑誌をお得に読むなら「楽天マガジン」がオススメ♪Kindle Unlimitedより良い感じ。

月額380円(税抜)で約200雑誌が読み放題「楽天マガジン」というサービスがあり ...

2
OMM・UL(ウルトラライト)ハイキング・ファストパッキング・スピードハイクの書籍をまとめてみた【随時更新】

目次1 ファストパッキング 2016 何を削れるか?2 RUN+TRAIL (ラ ...

 - 上信越, ,