Trip Notes -旅のメモ-

登山・トレッキング・テント泊・縦走・雪山・オリエンテーリング・山道具や海外旅行女性一人旅などに関するブログ

北アルプス 剱沢キャンプ場でテント泊してきたよ。剱岳の麓にある広々キャンプ場

      2019/08/11

剱沢キャンプ場にテント泊して剱岳に登ってきた ぽこ(@TripNotes_poco)です。

上の写真の通り、とてもロケーションの良いテン場でした。

剱沢キャンプ場ってこんなところ

アクセス

剱沢キャンプ場までいろいろなルートがありますが、室堂から行く二つのルートをご紹介します。

最短距離はこちら。雷鳥沢キャンプ場を通っていくルートです。標準コースタイムは3時間15分です。

立山の山々を縦走してから行くルート。標準コースタイムは4時間53分です。

 

宿泊料金

1泊1人500円です。

テン場

ほんとに広~いキャンプ場です。下の写真の右下のカラフルなところがキャンプ場です。

しかし、基本的に坂の途中の開けたところをキャンプ場にしているので斜めです。寝ずらい。

↓斜めな様子が伝わりますでしょうか...。基本的に下り坂なのです。

一部下に固い岩があるところがあるので、そこを避ければペグは刺さります。適度な石・岩もゴロゴロしているのでテントを張るのに困ることはないでしょう。しかし、完全に平らなところは少なく、剱岳が岩々しているように岩がゴロゴロしているところが多いので、良い場所は早い者勝ちです。マットは厚めがお勧めですよ~。

ペグはチタンの細いペグを愛用していますが、今回も問題なく利用することができました。

水場

水場は主に二か所あります。管理小屋近くの水場は塩素消毒されているとのことでした。キャンプ場の中にある水場は沢水そのままのようです。管理小屋の方によると、どちらも煮沸消毒するのがお勧めですとのことでした。(なんと、水場の写真を撮るのを忘れました...。)

煮沸消毒は面倒なので、浄水器のソーヤーミニを持っていき浄水して飲用しました。

トイレ

バイオトイレと汲み取り式のトイレがあり、トイレ小屋は別になっていました。

テント泊の受付の時に「バイオトイレは詰まりやすいのでできれば汲み取り式の方を使ってください」と案内がありました。

汲み取り式の方はテントを張ったところから遠かったので、バイオトイレしか使用してないですが、特に詰まりませんでした。紙はありました。

売店

キャンプ場内に売店はありませんので、買い物をしたいときは一番近くの小屋「剱沢小屋」まで買いに行く必要があります。剱沢キャンプ場から往復20分ぐらいです。ビールは350ml缶が600円でした。チューハイ類やお菓子の販売もあります。

ちなみに剱沢小屋は、宿泊者以外は食事はできないとのことなので注意してください。ランチもできません。カップラーメンの販売などはあります。

ランチなどの食事をしたい場合は、剱沢キャンプ場から往復45分のところにある「剣山荘」まで行く必要があります。

その他

キャンプ場の近くに雪渓が残っていたので、飲み物が冷やせます。天然の冷蔵庫べんりー。

まとめ

  • 剱岳登山をしなくても、キャンプするだけでも良いなぁと思うロケーションと眺望のあるキャンプ場でした。

つづく。

真夏の剱岳に登ってきたよ(2/2)

楽天モーションウィジェット(もしも)

気に入ったら

Twitter(@TripNotes_poco)、Instagram(@trip_notes)をやってます。是非フォローしてください。

Facebook「いいね」をお願いします♪更新情報が届きます。

Facebookページプラグイン(https://developers.facebook.com/docs/plugins/page-plugin?locale=ja_JP)

関連記事

こちらも読んでいってね

1
山の雑誌をお得に読むなら「楽天マガジン」がオススメ♪Kindle Unlimitedより良い感じ。

月額380円(税抜)で約200雑誌が読み放題「楽天マガジン」というサービスがあり ...

2
OMM・UL(ウルトラライト)ハイキング・ファストパッキング・スピードハイクの書籍をまとめてみた【随時更新】

目次1 ファストパッキング 2016 何を削れるか?2 RUN+TRAIL (ラ ...

 - キャンプ場, 北アルプス